WEBデザイナーはブラック?WEBデザイナーになるメリットデメリットてなに?

WEBデザイン

WEBデザイナーにはよく、「給料が低い」や「残業が多い」などのデメリットがあげられています。

そんなデメリットばかり見ると、「WEBデザイナーって本当にいい仕事なのかな?」と疑問に思いますよね。

ただ、WEBデザイナーにはそんなデメリットに負けないぐらいメリットも沢山あります。

「収入をアップできる」や「場所を選ばない」などの魅力がWEBデザイナーにはいっぱいあるんです。

そこで今回は、WEBデザイナーについてのメリット、デメリットについて解説していこうと思います。

メリット,デメリットをしっかり確認して、本当に自分がWEBデザイナーになりたいのか、WEBデザイナーに向いているのかを是非判断してみてください。

WEBデザイナーの仕事内容

WEBデザイナーは、WEBサイトの制作を担当する仕事です。

WEBサイトのデザインを決め、プログラミングでそのデザインを形にしていきます。

ほとんどの場合は個人や企業から依頼を受けるので、デザインや構成はクライアント側の要望をかなえていきますが、逆にWEBデザイナー側からもアイディアを出したりもします。

なので主に必要なスキルは、「プログラミング」と「デザインの知識」です。

デザインと聞くと、アーティスティックな才能がないといけない職業と思われがちですが、そんなことはありません。

WEBサイトのデザインをする場合、アイデアよりも知識の多さが大事になってくるので、経験やデザインの知識を増やしていくことで良いWEBサイトを作ることができます。

また、WEBデザイナーにはフリーランスといった働き方もあります。

フリーランスは場所や時間にとらわれない働き方ができ、技術力によって収入を上げることが可能。

ただフリーランスの場合は仕事内容が少し違って、WEBサイト制作に加えて営業などの案件獲得から始めることになります。

WEBデザイナーのメリット

サイトを自分で作れる

当たり前ですが、WEBデザイナーになればWEBサイトを自分の力だけで作ることができます。

WEBサイトを自分の力で作ることができれば、もし自分で何かビジネスをしたい時にはすぐWEBサイトを作って、自身のWEBサービスを始めることができます。

もちろん自分の力で作れるので、お金をかけずにWEBサイトを作ることが可能です。

また、WEBデザイナーとして力をつけていけば、有名企業のWEBサイトに関わることができるかもしれません。

自分が作ったWEBサイトが有名企業のサイトとなると、誇らしさややりがいを感じれますよね。

WEBデザイナーになれば、そんな「WEBサイトを作ることができる」という大きな武器を持つことができるんです。

場所を選ばないで仕事ができる

WEBデザイナーはパソコンがあれば仕事ができるので、場所を選ばないで仕事をすることができます。

ソフトを自分のパソコンに入れないといけないとか、会社のパソコンとつなげないといけないなど制限はありますが、基本的にはパソコン一台あればWEBデザイナーの仕事をすることは可能です。

場所にとらわれない働き方ができれば、わざわざ通勤ラッシュの満員電車に乗る必要が無いですし、そもそも通勤もしなくていいんです。

海外で生活しながらWEBデザイナーの仕事を受ける、なんてことも当然できます。

しかもフリーランスになれば会社に勤めているよりもっと自由な働き方ができるので、場所にとらわれない仕事をしたい方にはとても魅力的な仕事じゃないでしょうか?

手に職をつけれる

WEBデザイナーは、「WEB制作」といった手に職をつけることができます。

手に職をつけることができれば、副業や転職がしやすくなり、仕事の幅や稼げる幅をとても広げることが可能です。

ただ、ある程度の技術を得るためには、勉強が必要なのも事実。

WEBデザイナーは資格などが無く、参入障壁が低い仕事なので、相当な勉強をしないと周りとの差別化をはかれません。

逆に言えば、技術があれば周りとの差別化ができるので、副業や転職などをして収入をあげることができるんです。

収入をあげることができる

さっきも言いましたが、WEBデザイナーは技術や経験を積むことで収入を上げることができます。

技術や経験を積むと、WEBデザイナーよりも収入が高いWEBディレクターになれたり、働き方が自由なフリーランスといった働き方もできるようになります。

フリーランスは会社にいるときと違い、仕事を取るために自分で営業をしなければいけませんが、働けば働くほど収入を上げることが可能です。

また、優良案件を獲得すればさらに効率よく収入を上げることができるので、自分の技術や経験次第で収入を上げていきたい人にとっては夢のある仕事になっています。

WEBデザイナーのデメリット

給料が安い

WEBデザイナーの月収は約15万円前後です。

「あれ?思っていた金額より結構低いな」と感じた方も多いのではないでしょうか。

実は、WEBデザイナーの給料て意外と低いんです。

ただ、さっき紹介したように、WEBデザイナーの魅力は技術や経験を積むことで収入を上げることができること。

技術や経験を積めば、収入が良いWEBディレクターにキャリアアップできたり、条件のいい会社に採用されたりなど、収入をアップさせることが可能です。

残業や休日出勤が多い会社がたくさんある

WEBデザイナーは、残業や休日出勤が多い仕事です。

WEBデザイナーという仕事は、クライアントあっての仕事なので、急な要望にも応えないといけません。

クライアントからの変更点や修正要望は当たり前ですが、そんな要求が締め切りギリギリにくることは珍しくないんです。

中には期日の変更も要求される場合もあります。

そんな場合は当然、残業や休日にでも出勤して、なんとか締め切り日に間に合わせるよう頑張ります。

体はもちろん、心の面でも体力がないと少し厳しいと感じる仕事なんです。

多くの勉強量が必要

WEBデザイナーでは、デザインの知識はもちろん、プログラミングの勉強もする必要があります。

主にWEBデザインでは、HTML,CSSといった基本的なプログラミング言語を使っていくのですが、基本的な言語といっても完璧に使うには相当な勉強量が必要になってきます。

そのうえプログラミングの技術は日々アップデートしていて、WEBデザイナーはその変化についていかないといけません。

覚えるのにも勉強が必要だし、その覚えたことを新しくアップデートしいくためにも勉強が必要なんです。

ただ、しっかり勉強して知識と技術をつけていけばWEBデザイナーの場合は、収入が上がる可能性があります。

フリーランスになったときも、知識が多くて技術があれば周りとの差別化ができるので、優良案件を獲得しやすいです。

新しいことを学んだり、習得したりするのが好きな学習意欲が高い方は、結果を残しやすい仕事になっています。

逆に、自主的に学ぶことが苦手で学習意欲が低い方は、WEBデザイナーは向いていないかもしれません。

まとめ

ということで今回は、WEBデザイナーのメリットデメリットについて解説してきました。

WEBデザイナーは給料が低かったり、残業や休日出勤が多かったりと、今からWEBデザイナーを目指している方にとっては正直聞きたくないようなデメリットがありましたよね。

ただ何度も言っているように、WEBデザイナーのメリットは技術や経験を積んで収入や働き方を変えることができること。

WEBデザイナーをして意欲的に成長していけば、場所にとらわれず海外に住みながらでも自分が納得する収入を得て生活できる可能性があるんです。

なので、自分の力で理想の働き方をつかみたい方にはWEBデザイナーはおすすめな職業です。

この記事が少しでも皆さんの役に立てたのなら幸いです

最後まで見ていただいてありがとうございました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP
single