プログラミングが書けなくてもシステム開発できる?近年注目のノーコード、ローコードてなに?

WEBデザイン

ノーコードはコーディングを行わなくてもシステム開発が可能、ローコードは少ないコードでシステムの開発ができる開発手法やツールのことを指します。

ノーコードはコーディングの必要がないので、プログラミングの知識が無くてもシステム開発をすることができます。

それに対してローコードは、コーディングを書く必要はありますが、従来の作業より圧倒的に少ないコードでシステム開発ができ、機能拡張もできる汎用性があります。

従来までは、なにかシステムを開発する際は、プログラミングに関しての専門的な知識が必要でした。

そのためシステム開発をしようとなると、プログラミングができる技術力が必要だったり、チームを作る必要があったりと、なにかと問題がありました。

しかしノーコード、ローコードを活用すればそんな問題も解決することができるんです。

ということで今回は、近年注目されているノーコードとローコードについて解説していきます。

ノーコード、ローコードとは

ノーコード、ローコードとは、プログラミングの専門知識が無い方でも、システム開発が可能な開発手法やツールのことを言います。

ただ、ノーコード、ローコードには違いがあるんです。

まずはノーコード。

ノーコードはその名の通り、コードを書かなくてもシステム開発ができるのが特徴。

ツールを使えば、テンプレや機能が初めから使用できるので、プログラミングが書けない人でも簡単にシステム開発ができます。

しかし、テンプレや機能が初めから備わっていますが、それらは固定されているので機能拡張することが難しく、シンプルなシステムを作ることに適しています。

そんなノーコードに対してローコードは、多少のコーディング作業は必要です。

プログラミング知識が全くない状態では、ノーコードと比べてローコードはシステム開発が難しいでしょう。

ただ、従来よりも圧倒的に書かなければいけないコードの数は少なくなるので、ローコードを活用すれば効率的にシステムを開発することができます。

また、ローコードはコードを書き込むことができるので、機能を拡張することもできます。

ローコードを活用すれば、様々な目的に合った思い通りのシステムを作ることも可能になるんです。

ノーコードを使うメリット

ノーコードには3つのメリットがあります。

  • プログラミングの知識が無くてもシステム開発ができる
  • 費用を削減できる
  • 開発にかかる時間を短縮できる

それでは一つずつ、詳しく解説していきましょう。

プログラミングの知識が無くてもシステム開発ができる

ノーコードを使うメリットとして大きくあるのが、プログラミングの知識が無くてもシステム開発ができるという点です。

さっきも解説しましたが、ノーコードの特徴はツールなどを使うことでコードを書かなくてもシステム開発ができること。

プログラミングについて知識がない方でもノーコードを利用すれば、問題なく開発を進めることができます。

また、会社でシステム開発を進めようと考えている場合、ノーコードを使用することでプログラミングが書ける社員がいなくとも、自社にいる社員のみで開発を進めることができます。

コーディングができる社員や外部に発注などは必要ないんです。

費用を削減できる

ノーコードを使用するメリットには、費用を削減できる点もあります。

「プログラミングの知識が無くてもシステム開発ができる」でも解説したように、ノーコードを使えば外部に発注しなくても誰でもシステム開発が可能になります。

自分や自社内の社員で開発を進めることができるので、外部に発注して発生する費用を削減することができるんです。

開発にかかる時間を短縮できる

ノーコードを使用すれば、システム開発にかかる時間を短縮することができます。

ノーコードは、コードをわざわざ書かなくてもシステムを開発することが可能。

コードを書く必要がないので、その分システム開発にかかる時間を短縮することができるんです。

また、発注する必要がなく、自分や自社内でシステム開発を完結できることも時間短縮の理由の一つ。

従来であれば、システム開発はプログラミングスキルが無ければ外部に発注し、費用や時間がかかっていました。

ただ、ノーコードを活用すれば外部に発注する必要もないので、その分時間を短縮してシステム開発を行うことができるんです。

ローコードを使うメリット

ローコードを使うメリットには主に

  • 効率的に開発を進められる
  • 費用を削減できる
  • 汎用性が高い

のようなものがあります。

少しノーコードと被る部分はありますが、ローコードならではのメリットもあるので詳しく見ていきましょう。

効率的に開発を進められる

ローコードを活用すれば、システム開発を効率的に進めることができます。

ローコードはノーコードと違い、全くコードを書かなくてもシステムを開発できるわけではありません。

システムを開発するには、コーディングが必要になってきます。

ただ、従来と比べてローコードは、圧倒的に少ないコードの量で開発を進めることが可能。

書き込むコードの量が少なくて済むので、その分効率的にシステム開発をすることができます。

費用を削減できる

ローコードを活用することで、システム開発にかかる費用を削減することができます。

仮に、自分自身や社内にいる人間がプログラミングをできたとします。

しかし、開発できるシステムや機能はプログラマーの技術力に左右されるので、技術面で開発できないものは外部に発注することになります。

外部に発注すれば当然費用はかかり、システムや機能の大きさによっては大きな出費が発生することに。

ただ、ローコードを使えばプログラマーの技術に左右することなく、発注が必要なシステムも開発することができます。

外部に発注する必要がないので、費用を削減することが可能なんです。

汎用性が高い

ローコードは汎用性が高いことも特徴。

ローコードはノーコードと違い、コードを書き込むことができます。

そのため機能拡張ができ、目的に合った思い通りのシステムを作ることが可能です。

また、他のソフトウェアとも同期することができるので、社内にあるシステムとの連携も行うことができます。

ローコードであれば、幅広い利用目的に対応してシステムを開発することができるんです。

まとめ

ということで今回は、ノーコードとローコードについて解説してきました。

ノーコードはコードを書く必要がなく、ローコードは少ないコードでシステムを開発できる特徴があります。

コードを書く必要がないので、プログラミングの知識が無くても、ノーコードを使えばシステム開発を進めることが可能なんです。

しかし、ノーコードを行うときに使うツールでは、テンプレや機能が固定されているので機能拡張ができず、限定的な目的のためのシステムしか作ることはできません。

そんなノーコードに対してローコードは、システム開発をするためにはコードを書く必要があります。

ただ、従来よりも少ないコードでシステム開発ができるので、効率的に開発を進められ、機能拡張もすることができます。

コードを書く分、色々な利用目的に合わせたシステムを作ることができるので、とても汎用性が高い開発手法なんです。

このように、ノーコードやローコードを使えば、より効率よくシステムを開発することが可能です。

少しでもこの記事を読んで、ノーコードやローコードへの学習が深まったのであれば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP
single