即効性が高い集客とは?WEBを使ったマーケティング手法を徹底解説!

ECサイト

あなたはもっと効率よく集客をしたいと思っていませんか?近年では、Twtter・Instagram等、SNSを駆使して集客ツールとして使用しているアカウントも多数存在します。インターネットの普及が進み、集客の手法も多種多様になってきました。そこで登場したのがWEB集客です。そして、WEB集客を行っていくうえでSEOなどのマーケティング知識が必須となってきます。

この記事では、WEB集客の疑問やメリットとデメリット、即効性のある2つの方法、WEB集客に必要なマーケティングの知識、これらについて紹介していきます。

WEB集客とは?

ノートパソコンの近くに鉛筆を持っている人
引用元:https://unsplash.com/photos/5fNmWej4tAA

WEB集客は、インターネットを介してgoogleやyahoo!などの検索エンジンやSNSを使用してオンライン上のサービスにユーザーを呼び込む集客法です。WEB集客はインターネットが普及した今、ビジネスの場で重要視されています。多くの閲覧者がWEB上のツールやサービスを利用していることから、個人から大企業まで使用されています。

自社の認知度や好感度を高めるため、商品やサービスを直接販売などをすることがWEB集客の主な目的です。WEB集客を行うことによって、既存客だけでなく自社のことを知らない見込客にも商品やサービスを選んでもらうきっかけ作りにもなります。

WEB集客にも様々な手法がありますがなぜ、即効性があるのか?ホームページを作成したり、WEB上で広告を出せたり、昔のようにチラシを配る手間が省けるようになりますそのメリットとデメリットを次に紹介していきます。

WEB集客のメリットは?

WEB集客のメリットとはどんなものがあるかここから紹介していきます。

メリット1.コストがほとんどかからない

主に、WEB以外で集客を行う方法としてチラシ作成は印刷や配送などで費用がかかりますが、WEB集客はオンライン上で行えます。SNSのアカウントを作成することによって無料で行うことができる点です。また、WEB上に広告で出すこともできて、直接街頭に出ることもなく無駄な労力を減らすことや印刷などにコストもかかる必要もなくできます。

メリット2.ターゲットを絞りやすい

リーチできるターゲット層が幅広いです。呼び込みたいターゲットがオンライン上にいて、様々な情報を検索しています。まずは、ターゲットのニーズに適したキーワードを明確にしましょう。これによりターゲットにより商品やサービスの選択を促進させる効果があるので最適です。

メリット3.施策の効果を検証しやすい

3つ目はWEB集客では、アクセス分析によってサイトを訪れたユーザーの行動や属性を分析することができます。施策の効果を検証するために生の意見を聴いて、情報の追加・修正で今後の発信を改善して行くことが可能です。

WEB集客のデメリットは?

WEB集客はコストがかからずターゲットも絞りやすいですが、WEB集客を行う上での注意点も存在します。

デメリット1.専門的知識が必要

WEB集客を行うには、マーケティングの知識やホームページの作成手順など、知っておくべき知識が多数あり、知識を取り入れる時間が必要になってきます。ただ単に、コンテンツを増やしてもユーザーに魅了されなければ意味がありません。この後紹介するSEOなどのマーケティングの知識が大変重要になります。

デメリット2.時間がかかる

ホームページを作成したり、作成してもすぐに自社やその商品やサービスを認知してもらえるまでにはかなりの時間を要します。すでに認知されているサイトではすぐに閲覧してもらえますが、ほとんど認知されていないサイトでは短期的な視点ではユーザーに見てもらえない方が多いのが現状です。なので、長期的な視点でサイトを作成することを推奨します。

即効性のある主な方法① ホームページ

引用元:https://t.pimg.jp/064/557/051/1/64557051.jpg

企業のホームページを思い浮かぶ人も多いですが、集客を行うホームページを作る上ではユーザーを意識した作成が重要になります。

SEOを意識する

最初にSEOとは、Google等のページを検索結果を上位に表示させるための手法のことです。SEO対策を行うことで、インターネットの検索結果の上位にヒットして多くのユーザーに知ってもらえる機会が増えます。また費用がかからず、SEOに成功すれば爆発的に集客が増えることもあり、ホームページでSEOを意識するならば検索回数が多いキーワードがおすすめです。

キーワードを明確化する

次に集客を行うには、ユーザーを引き寄せるキーワードが必要です。ターゲット層が気になっているキーワードをホームページ内にたくさん取り入れることで検索上位表示になってくる事があります。また、オンラインとオフラインに拘らない「クロスメディア」宣伝を行うことも重要で、この後紹介するWEB広告と組み合わせる事も可能です。クーポンサイトやSNSを使った広告を使いましょう。

定期的に更新をする

ホームページは企業や店舗を運営していくために重要なツールのため、新しい情報を常に更新することが大事です。もちろん新しい情報であれば、購買意欲も上がってきます。一方で定期的に更新せずに古い情報のままにしておくと、情報に新鮮味が無くなり、企業や店舗に良いイメージが抱かれなくなります。必ず、定期的に新しい情報に更新しましょう。

即効性のある主な方法② WEB広告

WEBデザイン・WEBサイト作成・システム開発 コンセプトベクター バナーイラスト
引用先:https://t15.pimg.jp/078/029/755/1/78029755.jpg

SNSなどでよく広告を目にすることがありますが、広告によって収入が入ることもあり集客としても最適です。

SNS広告

Twitter・Instagramなどといったソーシャルネットワークサービスに配信される広告です。ターゲットにしたいユーザーが身近で使われるツールのため、年齢や性別などのパーソナル情報が集まりやすく、より細かいターゲティングが可能となります。SNSであればユーザーも多いので即効性があります。

ディスプレイ広告

WEBサイトやアプリなどに設置された広告枠に表示される広告です。テキストのみの広告や動画形式の広告もディスプレイ広告となります。モニターやサイネージで表示され、画像や動画などのクリエイティブを通じビジュアル訴求ができて、既存客だけでなくこれから商品やサービスを検討する見込客にも有効な手段です.

メール広告

メールそのものが広告とメールマガジンの広告枠に広告を載せている2つの種類があります。メールのみでは、購入者やメールアドレス登録者に向けてメールマガジンとして広告を送る手段です。一方のメールマガジンの広告枠は読者が多く、自社の商品やサービスと親和性があるため、メール単体よりも高い広告効果が見込めます。

マーケティング知識が必須

WEB集客を行う上で重要になってくるのはマーケティング知識です。

情報収集力

ユーザーの生の声を聞いたり、検索上位になるようなSEOを意識しましょう。ホームページや広告を見てもらうためにはキーワードが大事です。ユーザーが何を求めているかの的が外れていれば、どれだけ良いコンテンツを作っても見てもらえなくなるかもしれません。また、競合他社のホームページも参考にしてみるのも一つの手です。

調査と分析

マーケティングでもう1つ大事になってくるのが調査と分析で、サイトを訪れた閲覧者の行動や属性などを解析するアクセス解析をします。閲覧者数やページ別の閲覧数、閲覧者の属性や何からアクセスしたのかを分析することによって、ホームページの更新や訂正がスムーズになります。

まとめ

マーケティングとインターネット上の顧客。ネットワーク構造と顧客のアイコンに手をかざす男性。
引用先:https://t17.pimg.jp/075/113/817/1/75113817.jpg

WEB広告はコストがかからず誰でもすぐに参入しやすく、ターゲットの把握や施策の検証もしやすいです。ただし、SEO対策や認知してもらえるのに時間がかかるデメリットもあります。

ホームページは、SEOを意識することやキーワードを明確にしたり、ホームページを定期的に更新しなくてはなりません。無料でできますが、閲覧者に分かりやすくターゲットに沿った訴求をしましょう。WEB広告は有料ですが、さまざまな種類のツールがあります。SNSやメールはホームページと似ている部分がありますが、ディスプレイでは、店内や街頭など見込客の誘致も行うことが可能です。

WEB集客は知識が必要で難しいかもしれませんが、効率よく集客して自社のブランドや商品・サービスを知って利用して貰いましょう。

柴田 翔太郎

柴田 翔太郎

私は電通テックという電通グループの会社でWEBディレクターとして勤めており、2018年に独立致しました。 現在はフリーランスのクリエイターや専門職の人々をヘッドハンティングし集結させ、プロフェッショナルクリエイター集団の代表として活動しております。 テーマは、
『 イマドキデザイン(+α) × ハイスピード × フリーランスが集まった結成チーム 』
です!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP
single