非営業が顧客対応の際にするべきこと
〜①打ち合わせでは、ゴールを忘れない

トレンドニュース

今日は、「シングルスキルマンを抜け出す第一歩〜営業ではない人が顧客対応するときにやるべきこと」の続きです。
一つ目は、「打ち合わせでは、ゴールを忘れない」です。

これは顧客対応に限らず、意識しておけば話上手になれるスキルなので
是非覚えて実践してみてください。

例えば、打ち合わせに行ったとき
お客さんは運用の具体的な方法を知りたいのに
あなたが仕様の細かい部分について話していたら
話が噛み合わなかったり、相手をやきもきさせてしまうでしょう。

これを読んで「当たり前」「そんなのできている」と思う方も多いでしょう。
しかし実際の打ち合わせの場は、そんなコミュニケーションの齟齬で溢れています。

その原因としては、
お客さん自身も、自分が相談したいのか提案して欲しいのか、確認だけしたいのか分かっていないことも多いからです。

そのため、こちらがゴールを見つけて設定しなければいけないことも多々あります。

まずは、「お客さんが何を求めているのか考える」という視点を持つことを意識しましょう。
お客さんが求めているゴールを達成できたら、顧客対応は百点です。

では、何を求めているのかを考えるコツについては
次回の②事実と気持ちを想像するでお話しします。

それではまた。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP