【徹底解説】ホームページやブログをSEO対策で集客アップ!

マーケティング

現在、会社や個人ホームページを持っていることは当たり前の時代になっているのではないでしょうか。ターゲットユーザーが、会社や個人に興味を持った時にホームページを検索し、内容を見るという行動をしますよね。ですが、ホームページがなければ会社情報などを認知してもらえず購買の機会を逃してしまいます。そのため、会社や情報発信にはホームページが不可欠になっているのです。

しかし、ただホームページを作るだけではターゲットユーザーにホームページを訪れてもらうのは難しいですよね。そこで今回、どうやってターゲットユーザーに訪れてもらうかなどの方法をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

ブログが必要とされる理由とは?

自社ホームページだけでは様々な情報を掲載することができず、ユーザーに十分な情報を伝えることができません。ブログは、ホームページで頻繁に更新できない情報などを伝えるための手段として使われます。

興味を持ったユーザーにサイトを訪れてもらい、接点を作ることを目的としているのです。昨今SNSが広く普及してきていますが、ブログで発信される記事はいまだに強力な情報となっています。

ブログの更新が集客に繋がる理由とは?

引用元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E3%81%AF%E3%81%A6%E3%81%AA&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&color=all&model_count=-1&age=all&mdlrlrsec=all&prprlrsec=all&sl=ja&pp=70&p=1&pt=B

ユーザーが奥深く考えていることは、ホームページに掲載している情報以上のものを求めていることが多いです。ブログで多くの情報発信や記事量を増やすことで、検索エンジンを経由した集客を確保できる効果があります。検索エンジンを利用し、様々な検索キーワードからくる新規ターゲット獲得にもつながっていくでしょう。

だからといって、数多くのブログを書けばいいわけではありません。記事(コンテンツ)には大きくわけて2種類があり「ストック型コンテンツ」と「フロー型コンテンツ」です。

〇フロー型コンテンツ

流行やニュースなど情報の「鮮度」が重要になる記事で、まさしく現状の「今」の情報を伝える必要があります。例えると、テレビや新聞にでるニュース情報のことですね。「今」を伝える情報のため、流れが早く時間が過ぎていくと情報の鮮度が悪くなり、情報の価値が低くなります。

〇ストック型コンテンツ

時間が経過しても価値がある記事です。ストック型コンテンツの代表的な例は、ウィキペディアですね。ウィキペディアに書かれている情報は、時間が経過しても劣化せず価値がある情報となります。

集客に繋げるには、上記で説明した「ストック型コンテンツ」でブログを書き「価値を長く」するのがおすすめです。

ブログの更新が集客に繋がる理由について、3つ詳しく解説していきましょう。

Google推奨のコンテンツマーケティングになる

ブログ記事は、Googleが推奨しているコンテンツマーケティングとなっています。コンテンツマーケティングとは、ターゲットユーザーが興味・関心を持っていることなど価値のあるコンテンツを提供することです。案件によっては、最終的に購買やファンになるなど顧客化する手法となります。

しかし、ただ記事を多く掲載するだけだと、ターゲットユーザーにサイトを閲覧・訪れてもらうことは難しいです。ここでポイントとなるのが、インターネット上の情報を検索するシステムの「検索エンジン」で上位に表示されるための一連の施策「SEO対策」が必要となります。

検索エンジンとして有名なものは、多くの方が使用しているGoogleやYahooでしょう。Googleの検索エンジンを通して、上位に表示されることでサイトに訪れてもらう機会を増やせることは、コンテンツマーケティングの一つの手段となるからです。

ホームページへの流入経路が増え、アクセス数が上昇

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E4%B8%8A%E6%98%87.jpeg
引用元:https://www.ac-illust.com/main/search_result.php?word=%E4%B8%8A%E6%98%87

ブログ記事を増やすことでホームページへの流出経路が増え、アクセス数が上昇します。

ですが、上記でも話したようにブログからホームページに訪れてもらうには、検索エンジンを経由して見てもらうことが重要です。

何かを調べたり検索する際、多くの方がGoogleやYahooなどの検索エンジンを使用しているかと思います。検索した時に、上位に表示されているページを見ることがほとんどではないでしょうか。そのため、結果表示ページで上位に表示されることがポイントです。上位に表示されるためには、SEO対策を実施しましょう。Googleから高い評価をもらうことで上位に表示され、閲覧してもらいやすい状態を作りだすことが可能になります。

SEO対策としても有効

ブログ記事を書くことで、SEO対策として有効になります。それは、ホームページの品質を評価する「専門性」を高める効果がブログにはあるからです。品質を評価する「E-A-T」というのがありますが、これについて詳しく解説していきます。

GoogleやYahooなどの検索エンジンで検索された時に、SEO対策を実施し結果表示ページで上位に表示されることがとても重要です。そのためには、大きく下記の3つのポイントを実施することが大切になります。

①ターゲットユーザが検索に必要なニーズを考え、価値のある記事を発信すること。

②一度に大量の記事を発信し、そのままにするのでなく、長期的に継続すること。

③キーワードの検索順位やクリック数などの検証と改善をすること。

以上の3つのポイントで、SEO対策をしていきましょう。

SEO対策で重要なことは?

引用元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E9%87%8D%E8%A6%81&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&color=all&model_count=-1&age=all&mdlrlrsec=all&prprlrsec=all&sl=ja&pp=70&p=1&pt=B

SEO対策として一番重要なことは、ターゲットユーザーにとって良質で必要とされる記事を発信することでしょう。記事内に、ターゲットユーザーを意識したキーワードや文章を使い、検索エンジンに認識されやすい文章にすることが必要です。

更に、検索エンジンで上位に表示されるには、Googleが考えているアルゴリズム「ユーザーに対して情報の質や価値、信頼性を重視する」を理解することも重要でしょう。この基準に沿って「質の高い」記事を作成することで、高い評価をもらえ上位にページを表示されるようになります。では、SEO対策で重要なポイントをそれぞれ解説していきましょう。

独自ドメインとレンタルサーバーを利用する

本格的にSEOを実施するなら、独自のドメインとレンタルサーバーを持つことが大切です。

サイトやブログの情報を公開する際、サーバーが必要となります。自力でサーバーを開設するには専門知識や手間、コストがかかってくるでしょう。しかし、レンタルサーバーを利用することで、運営会社が代わりにサーバーの構築や管理を行ってくれます。そのため、簡単かつ安全にサーバーを利用することが可能です。

独自ドメインを設定する大きなメリットは、ホームページのURLを使用する月日が長いほど検索エンジンからも評価されます。いわゆる、月日の長さで優遇を受けることができるということです。独自ドメインを設定していると、レンタルサーバー会社を変えた時にも使用でき、更に検索エンジンから評価されていたものを移行できるというメリットがあります。

ユーザーの検索意図を提供する

質の高い記事を提供する上でSEO対策に不可欠で重要とされている、ターゲットユーザーの検索意図(インテント)をくみ取り、ニーズに答える記事であることがポイントです。

重要とされている検索意図は4つの種類に分けられます。

1.KNOWクエリ:検索したキーワードの情報を知りたい・問題を解決したい

2.GOクエリ:検索したキーワードの場所やサイトに行きたい

3.DOクエリ:検索したキーワードを何かしたい、実際にやりたい

4.BUYクエリ:検索したキーワードの商品を買いたい

SEO対策で、ただ読みやすいだけの記事にするのではありません。ユーザーのニーズと上記4種類の検索意図を合致させた、有益で必要とされる情報を提供することが重要です。

E-A-Tが充実しているコンテンツにする

E-A-Tは、Googleによる「良質なコンテンツとは?」を定める評価指針の一つです。Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)のそれぞれの頭文字をとって省略したGoogleの造語の呼び方となっています。

E-A-Tが重要視されるようになったのは、ユーザーに対して低品質なコンテンツを提供しないための対策です。過去に、サイトへのアクセス数を伸ばすため、低品質な記事を大量に発信し、検索結果ページに上位を上げるSEOの手法がありました。このようなユーザーに対して価値のない記事を防ぐために、E-A-Tが重要視されるようになったのです。したがって、E-A-Tが充実したコンテンツにするには、提供する記事に正確な根拠があり、安全や信頼性のある質の高い記事を提供することが大切でしょう。

適切なボリュームのコンテンツにする

では、記事を作成する際、どれぐらいのボリュームの記事を作成するのが適切なのかと疑問がでてきますね。文字数にとらわれるよりも、ターゲットユーザーのニーズを考慮し、記事を読むことによって解決できるかを考え記事を簡潔に作成することが最も重要です。長くボリュームのある記事だと、読者も読む気力が無くなります。反対に少なすぎると、伝えられる情報が少なくなるため、ニーズが求める記事にするのは難しくなるでしょう。

ポイントとしては、検索数が多い重要キーワードを設定し、そのキーワードから記事にリンクも繋げて閲覧してもらえるような内部リンクを設定することです。例えば、検索されているボリュームが多いキーワードの「旅行」を重要キーワードにしてみましょう。そこから「沖縄 ホテル」などの具体的なキーワードを入れ、そこから記事に繋げるという構造にすると、ユーザーにとって有益なページになります。

有益な記事や、重要キーワードを元に記事を閲覧してもらいやすい構造にすることで、検索エンジンから高い評価をもらえるようになるでしょう。

無駄に広告を入れない

広告は即効性があるのが最大のメリットでもあります。しかし、広告を無駄に入れることで記事の質を下げてしまい、価値のない記事として高い評価をもらえなくなるので注意が必要でしょう。

広告は自社のホームページを認知していないターゲットユーザーに、サイトを訪ねてもらうための1種の方法です。

そのため、大切なのは広告をただ出すのではなく、広告を通して訪れた先のホームページや記事が重要になります。広告と訪れた先の内容が合っていないと訪れたターゲットユーザーは留まってくれなくなりますので、記事と広告は一貫性が重要となるでしょう。

したがって、記事を読んでもらうことを第一に考えた最低限の広告にすることが大切です。

まとめ

引用元:https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E5%AE%8C%E7%B5%90&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&color=all&model_count=-1&age=all&mdlrlrsec=all&prprlrsec=all&sl=ja&pp=70&p=1&pt=B

ターゲットユーザーにホームページを訪れてもらうためには、ブログを活用したSEO対策がとても大切になります。最も大切なことは、ターゲットユーザーにとって「質の良い記事」「ユーザーの求めていること・考えていること」「ターゲットユーザーにとって価値がある」を含めた記事にすることです。

SEO対策は、価値のあることを追及や提供することが重要になります。ターゲットユーザーを第一に考え、地道にSEO対策することで、検索エンジンで上位に表示されるようになり、ホームページの集客を増やす結果に繋がるでしょう。

柴田 翔太郎

柴田 翔太郎

私は電通テックという電通グループの会社でWEBディレクターとして勤めており、2018年に独立致しました。 現在はフリーランスのクリエイターや専門職の人々をヘッドハンティングし集結させ、プロフェッショナルクリエイター集団の代表として活動しております。 テーマは、
『 イマドキデザイン(+α) × ハイスピード × フリーランスが集まった結成チーム 』
です!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP
single