【Sublime Text3】Sublime Text3で日本語が文字化けした時の対処方法!

エンジニア

様々な案件に携わっていると、文字コードがUTF-8以外で作成されているものもあり、Sublime Text3ではShift-JISで指定されたファイルは文字化けを起こしてしまうようでした。
そんな時の為の文字化けの解消方法をご紹介します!

文字化けはプラグインで解決できる

Sublime Text3で文字化けをした時に解決する方法は、「ConvertToUTF8」と「Codecs33」の2つのプラグインを使用することで解消できます!

ConvertToUTF8をインストール

  • Sublime text 3を起動
  • command or ctrl + shift + p でPackage Controlを起動
  • Installと入力しPackage Control: Install Packageを選択
  • converttoと入力しConvertToUTF8を選択
  • Sublime text 3を再起動

以上でConvertToUTF8のインストールは完了です!

同様に、Codecs33もインストールしますがPackage Control: Install Packageに見つからない場合は、下記の方法でインストールしてください。

Codecs33を手動でインストールする方法

  • こちらからzipファイルをダウンロード
  • Zipファイルを解凍してCodecs33というフォルダに名前変更
  • Sublime Text 3のSublime Text > Preferences > Browse Packagesでフォルダを開く
  • Codecs33をBrowse Packagesで開いたフォルダーにコピー
  • Sublime Text 3を再起動

これでCodecs33のダウンロードも完了です!
これまでの方法は、下記の記事を参考にさせて頂きました。

https://photo-tea.com/p/1805/sublimetext3-mojibake/

が、私はこれだけでは起動されずさらに作業が必要だったので追記します。

プラグインをインストールしたが起動しない対処法

  • システム環境設定 > セキュリティとプライバシーを選択
  • 左下の鍵をクリック
  • App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可を選択
  • Sublime Text 3を再起動

これで文字化けせず開けるようになりました!
申し訳ございません。Windowsは検証しておりません。

Sublime Text3で文字化けが起きてしまった際はご参考にしてください!

それではまた。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP