面接は顔!?採用の攻略方法

トレンドニュース

まず、私はこの記事を書く前に普段お付き合いさせて頂いてる10名の経営者の方々に『○○さんの会社って顔採用されてますか?』とLINEで聞いてみました。(お忙しい中ご協力いただきありがとうございます..w)

結果はなんと、、『顔採用している』と答えた経営者は10人中10人ww

..なるほど!世の中理不尽でしかありませんね!

もちろん、顔の印象が良くても、話していくうちにスキルが余りにも伴ってなかったり、言葉のキャッチボールが余りにもできない人は採用していない様ですが、顔がいい人の方が間違いなく有利だということです。

さて、みなさんは今採用担当者です。誰を採用したいですか?

例えばこんな求人があったとします。

==========================

  • 職種:WEBディレクター/プロデューサー
  • 経験:2年以上(WEB関連であればどんなポジションでも応募はOK)
  • 実績:制作実績を持参ください
  • 年収:350万〜
  • 内容:代理店案件が多い為お客様とコミュニケーションが取れる人材を募集しております

==========================

そして今回、3名の方が応募してきてくれました。

▼Aさん(26歳女性)

  • 経験:WEBデザイナーを1年半
  • 実績:WEBデザイナーとしての実績を数点もってきた(ECサイトのバナー作成の様な物)
  • 希望年収:300万
  • PR:もともとWEBデザイナーとして務めていたが、管理職に興味がでてきてWEBディレクターになりたくて応募した。
  • 面接したイメージ:話し方が明るく愛想がいい / 好奇心を感じる / いい匂いがする / 実績は希望と合っていない /

▼Bさん(35歳男性)

  • 経験:WEBプロデュースを5年
  • 実績:過去に対応した案件を10件程説明してくれた
  • 希望年収:420万
  • PR:前職は個人で対応できる範囲が狭かった。別の企業でもっと自分のスキルを幅広く活かしたい
  • 面接したイメージ: 愛想が良い /  前職では余り同僚の社員とは関わってなかった様子 / 汗かき / スーツのボタンが閉まらなそう / ネクタイがズレている..

▼Cさん(29歳男性)

  • 経験:WEBディレクターを3年
  • 実績:WEBディレクターとして対応した案件を2件程持ってきた(案件自体少ない会社だった)
  • 希望年収:400万
  • PR:前職は残業が多かった..案件の幅も広げたいし、既婚したから自分の時間を自由に使える働き方をしたい
  • 面接したイメージ:オシャレが好きというだけあり身なりが整っている / たまに見せる笑顔が素敵  / 話の整理ができる / 大人しい / 消極的な様子

さて、みなさんは今採用担当者です。誰を採用したいですか?

実績やスキルを見ると、Bさんがやはり一つ飛び抜けていますね!希望年収もそんなに今回の条件と当てはまっていますし、、もうBさんで決まりですかね?

…..。

そんな事はないはず!!!!Aさんのような女性がいると社内全体が明るくなりそうですし、何よりお客様や周りの目にもいい影響があるはずです。また、Cさんがいたらお客様と円満に仕事をしてくれそうですし、WEBディレクターというポジションにも最適な性格です。私なら間違いなく、AさんかCさんを選びますね。(どっちを選ぶかは社風による)

もちろん、Bさんも実力は申し分ないですし、会社にも貢献してくれそうなのですが、、見た目が一回気になってしまうとそもそも話が入ってこないwwそして自分が面接時に思った印象というのは、お客様にもそう思わせてしまうかもしれません。もし今回の募集に定員があるとしたら、、あなたならどうしますか?

何度も言います、、見た目がいい人の方が100%トクをします!!

これは面接に対してだけではなく、私生活の中でも外見での損得は必ずしも起きているという現実を受け入れてください。

不潔な人に接客されるより清潔な人に接客される方が購買意欲が上がりますし、キャリアがあるデブにマッサージされるより、美人でいい匂いする人にマッサージされる方がリピートしたくなります。人は視覚の判断が非常に強い生き物なんです。( ぴえん )

メラディアンの法則って聞いた事はありますか?

別名「3Vの法則」や「7・38・55ルール」と呼ばれる概念で、それぞれの情報の影響力は以下の割合であるというものです。

  • 言語情報(Verbal)…7%
  • 聴覚情報(Vocal)…38%
  • 視覚情報(Visual)…55%

55%は視覚的な要素できまるという法則です。

おっと、、『もう僕(私)、顔に自身なんてないんだけど、整形でもしろっていうの?怒』という声が聞こえてきます。。

これは私の持論ですが、自分の顔面偏差値を認める事は大事なことだと思います。私の周りにもイケメンで徳をしている人がたくさんいます。羨ましいですよね、、しかし、『視覚情報』とは、話し手の表情や目線そして態度や仕草、また見た目などを含みます。諦めないでください!

雰囲気イケメン、雰囲気美女を目指すべし!

下記項目をクリアすれば、あなたは雰囲気イケメン、雰囲気美女になれます。

  • ①服装
  • ②体系
  • ③清潔感
  • ④姿勢
  • ⑤ジェスチャー
  • ⑥表情
  • ⑦自信
  • ⑧匂い

見た目の印象値を上げるために、当たり前のことを100%しっかりやることによって、印象は変わります。

デフォルトで顔面偏差値が高いやつなんかに負けず、この項目をクリアしてイケメン(美女)に対抗してください!!

今回のタイトルは『顔面偏差値の損得』ということですが、顔とは、顔だけではなく、表情だったり、身だしなみによって変わってきます。

顔面偏差値を変える事は難しいが、雰囲気イケメンは誰でもできる!ということを伝えたい次第でございます。

みなさん、諦めないでください。

次回、①〜⑧の対策について深掘りしていきましょう。

それではまた。

柴田 翔太郎

柴田 翔太郎

私は電通テックという電通グループの会社でWEBディレクターとして勤めており、2018年に独立致しました。 現在はフリーランスのクリエイターや専門職の人々をヘッドハンティングし集結させ、プロフェッショナルクリエイター集団の代表として活動しております。 テーマは、
『 イマドキデザイン(+α) × ハイスピード × フリーランスが集まった結成チーム 』
です!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP