UI/UXデザインの原則

UI/UXという言葉が昨今よく耳にします。ですが皆さん、UIとUXの違いを説明してと言われて明確に説明することができますか?

なんとなく理解はしてるよ?見た目と体験でしょ?といった具合で、両者を混合している方も多いのではないでしょうか。

UI/UXデザインの原則を理解する前にUIとUXの違いを理解しておかなければなりません。

まずUIとは「User Interface=ユーザーインターフェース(ユーザーに見えている部分)」を指します。UIをWEBの世界で用いる場合には、表示されているボタン、写真、フォントなど画面上でユーザーの資格に触れるすべての情報、“見た目”を指す言葉となります。

一方UXとは「User Experience=ユーザーエクスペリエンス(UIを含むサービス全体の利用体験)」を指します。UXは文字通り「エクスペリエンス=体験」ですから、それらの“見た目”の先にある「わかりやすさ」「心地よさ」や、コンテンツやサービス全体を通じて得られる「満足感」といったさまざまな“体験”を指す言葉となります。

なんとなくイメージできたでしょうか?

どんな物事でもそうですが、自分が扱う対象を正しく知り、理解できなければ間違った方向に進んでしまうことがあります。UI/UXも同じで、これらを混合してとらえてしまうと単に「見た目としての読みやすさ」や「操作性の良さ」と勘違いしてしまい、サービス全体での体験の一貫性やユーザーが期待する体験とのズレを生み出してしまい、せっかく改善に労力をかけても成果が伴いません。

大前提の「使い勝手」を整えるUI

ユーザーにとって魅力的で、何度も利用したくなるサービスにするには、大きく2つの条件をクリアする必要があります。

1つ目の条件は、そもそもの「使い勝手」の良さです。UIとはサービスとユーザーをつなぐ視覚的な情報を指しますが、UIを語る上では使い勝手が良いかどうかというユーザビリティの側面が欠かせません。

使い勝手の悪さはユーザーに不要な手間、労力を掛けさせてしまい、使い勝手が悪いシーンが続くと、ユーザーは次第にサービスを利用するモチベーションを失い、サービスから離脱してしまいます。サービスを利用してもらうためのインフラともいえるUIを整えて、当たり前の使い勝手を保つことが、ユーザーに選ばれるためのサービスづくりの大前提になるわけです。

利益をもたらす「体験価値」をデザインするUX

上記の大前提である「使い勝手」をクリアされても、ユーザーにとって魅力的で、何度も利用したくなるサービスになるわけではありません。

2つ目の条件は、ターゲットのニーズに沿った、優れた「体験価値」を提供すること。つまりUX、ユーザーエクスペリエンスを向上させることです。

昨今消費者のニーズが“機能”から“体験”にシフトするなかで、自社のターゲットのニーズに沿ってサービスを設計し共感を生むことは、ユーザーに選ばれ続けるサービスとなるうえでは必須となります。

ECサイトを例に上げ考えてみると、“安さを重視する若年層”をターゲットにした場合、つまり僕みたいな若造ですね。“雑多なビジュアル”を提供することは、ドン・キホーテのようなワクワク感につながり、体験価値は向上するかもしれません。しかし一方で同じ若年層でも“品質や信頼性を重要視する層”をターゲットとする場合、“雑多なビジュアル”を提供することは、「質の高くない商品が多そう」、「販売元が信頼できるか不安」という不信感につながり体験価値は低下する可能性が高いです。ドン・キホーテをディスっているわけではありません。

このように、同じサービスでも感じる体験価値はターゲットによって異なります。「自分にピッタリだ!」とユーザーに感じさせる体験の提供こそが、ユーザーにとって魅力的で何度も利用したくなるサービスづくりにつながり、利益を生み出すことにつながるのです。

つまりUIとは「当たり前に使い勝手ができていないと離脱に繋がり、できていても差別化にはならない。」

そしてUXとは「UIをクリアした上で、魅力的な体験価値をデザインすることで競合との差別化になり、利益につながる。」

如何でしたでしょうか、これを踏まえた上で次回「UI/UXデザインの原則 ユーザー心理/行動をとらえる」に続きたいと思います。乞うご期待。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP