初めての確定申告〜個人事業主編Episode1

ビジネス

皆さんこんにちは。経理を担当しています石川です。今回はなにかと謎めいている個人事業主の確定申告についてお話していきます。

確定申告ってなに?

1年間の所得にかかる税金を計算して、国(税務署)へ納めるべき税額を報告する手続きのことです。1年に1回行うもので、1月1日~12月31日の所得と納める税額を計算して、原則として翌年の2月16日~3月15日(今年は4月15日)の間に税務署に報告・納税することを総じて確定申告といいます。

個人事業主は確定申告をしたほうが良い?

はっきり言います。したほうが良いです。事業の決算を行って、確定申告をするということは、1年間の事業の収支を見直すのにとてもいいタイミングです。個人事業主は確定申告をすることで色々なメリットがあります。難しいこともありますが、今は確定申告をお手軽にできるようなソフトもさまざまありますので上手に活用して確定申告を行いましょう。 そうは言ってもやっぱりめんどうくさいという方もいると思いますので、次項で確定申告をするか否かの線引きを説明します。

個人事業主は必ず               確定申告をしないといけない?

個人事業主になったからといって、必ず確定申告をしないといけないわけではないのです。確定申告をしなければならないかの判断基準があります。個人で事業をしている人が、確定申告をしないといけないかを判断するための手順を説明します。

まず自分の所得を計算します。

所得=収入(売上)− 支出(経費)

次に所得から所得控除(生命保険料控除や社会保険控除等)を引きます。

そして上記の表を参考に所得税額を計算します。

所得税額=(所得−所得控除)*上記表の税率

次に所得税額から税額控除(住宅借入金等特別控除や配偶者控除等)を引きます。

そしてその額が「1円」以上なら確定申告の必要があり、0円になれば確定申告の必要がなくなります。

ただし、企業からの報酬等であらかじめ10.21%を源泉所得税として引かれている場合があります。上記で算定した所得税額が源泉所得税として差し引かれた額より下回れば確定申告をしないことも可能です。

確定申告をしなくても             住民税の申告って必要?

はい、必要です。確定申告というのは、所得税を納めるためにするものですが、確定申告は所得税だけではなく、住民税や国民健康保険料の算定にも使われます。なので、確定申告をしない方も、住民税や国民健康保険の申告はしないといけない場合があります。

確定申告をしたら、税務署から市区町村に個人の所得情報が伝達されます。それをもとに住民税や国民健康保険料が計算されるので自動的に住民税や国民健康保険料の申告をしたことになるんです。確定申告をしない方は、市区町村に所得の情報が伝達されないので、別途、市区町村に「市民税・県民税申告書」を提出して住民税を申告しないといけません。

所得がない方でも、結局住民税や国民健康保険料の算出のために別途申告しないといけません。確定申告を行うメリットは他にも複数あるため、個人事業主であれば確定申告をすることを私はおすすめします。

確定申告することで              収入の状況を証明できる?

もちろんできます。個人事業主は、給与所得者(会社に雇用される者)みたいに会社から源泉徴収票(1年間の収入と控除の額、所得税額などを一覧にしたもの)をもらうことができません。なので、融資を受ける際や新たに賃貸住宅を契約する際に、収入証明書として確定申告書の控えを求められることがあります。また、お子さんがいる方なんかは、子どもを保育園に入れる場合も、確定申告書の控えを提出することになるでしょう。つまり源泉徴収票の代わりになります。

確定申告をしていないと、上記の場合に必要な書類を用意できず困ります。個人事業主にとって、確定申告書の控えは収入状況を証明してくれる貴重な存在になります。

損失控除ってなに?              利用するのに確定申告しないといけない?

個人事業主の皆様は確定申告をする際に白色申告と青色申告を選ぶのですが、事務処理が多少めんどうにはなりますが、控除額が大きいので大抵の人は青色申告をしていることでしょう。青色申告をしている人は、3年間にわたって赤字を繰り越せる「損失控除」という控除を利用できます。損失控除を利用するためには、事前に青色申告承認申請書を所轄の税務署に提出する必要があります。この書類を提出し、青色申告を行っている事業者は、赤字が出たときに翌年の利益から赤字分を相殺できます。とても助かる制度です。 前の年に利益が出ていて、その年も確定申告をしていれば、前の年の利益からその年の赤字を差し引いて所得税の還付を受けることも可能です。繰越しに対して「繰戻し」というみたいですね。ぜひ覚えておいてください。

今回はEpisode1として確定申告についてと確定申告をやる必要性について軽くお話しましたが、次回初めての確定申告Episode2では、いよいよ確定申告に必要な書類・流れ、個人事業主が支払わないといけない税金についてお話します。

ここまで読んでいただきありがとうございます。わからないことがあればお気軽にお尋ねください。またEpisode2でお会いしましょう。では。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP