個人事業主(フリーランス)と法人化(経営者)の違い

トレンドニュース

どうもみなさんお久しぶりです。株式会社Laugh Mind代表の柴田です。

はい、私たちWEB=LIFEチームは今年の4月から法人化致しました!

動画も上げてるので、是非見てください!

はじめに、個人事業主(フリーランス)から法人化(経営者)の私の意気込み!

個人事業主(フリーランス)で3年、ASwith株式会社(人材教育の会社)の役員になって1年が経ち、今年の4月からHP制作事業が法人化する事になりました。今までもチームの代表!という立場ではありましたが、法人として、代表取締役(CEO)としては初めてなので、個人的にはまた新たな船出だと感じております。

話が少し逸れてしまうのですが、個人的な意気込みを述べると、これからもお客様に認められるような、+αを心掛け、満足頂けるようなサービスの提供をしていきたいと思います!そしてこのブログも、より一層リアルな情報を伝えていきたいと思います!これからも我々一同精進していきますので、引き続き宜しくお願いいたします♩♩

個人事業主(フリーランス)から法人化(経営者)は何が違う?

私、こんなに意気込んでいますが、実はほんの2ヶ月前は、法人化する事を予定しておりませんでした。個人事業主である程度お金が貰えて、自由に時間も使えるし、何より業務は案件ベースで委託をしていたので人件費や固定費が一切かかりません。

売上 – 委託費 – 経費 =給与

なので、お金もその月その月で自由に管理できるのがポイントです。

(給与という感覚ではなくなるので、私はサラリーマンから個人事業主に変わって、お金の感覚が変わっていきました)

ですが、私は気づきました。

個人事業主だとキャッシュが貯まりません!

例えば、年間の売上が2000万円だとして、委託費が1400万だとします。

▼年間

2000(売上) – 1400(委託費) – 200(経費) =  400(純利益※個人年収)

400万円が年収となりますよね?

この400万に対して、民税、年金、保険、個人事業税がかかってきます。汗汗

自分が使えるお金を増やしたい!となると、なるべくこの400万円を抑える!という発想になります。ようするに、純利益を経費で減らさなければなりませんので、経費として落とせそうな金額はどんどん使わなきゃっ!という発想に走り、結果、お金が貯まりません。いくらお金を稼いでも、税金に怯えていると貯蓄ができないんですね。(ちなみに個人事業主だと経費で落とせる幅もかなり限られます..)

法人という人

まず初めに法人(株式会社、合同会社)の説明を簡単にしますね?

法人化すると、法人という人が誕生します。

仮に一人の会社だとしても、代表取締役と、株式会社○○○は別人としての扱いになります。自分で作った会社なのに自分もその会社から役員報酬として給与をもらうという形式になるので、かかってくる税金も、二人分って事になります。この仕組みを聞いただけで、どういう事かわかる人はとても頭がいい!!

会社と自身は別人っという訳でしたが、会社の経費を使う権限を持っているのは自身なのです。この会社の経費を上手く使えば会社の税金対策ができてキャッシュも貯められるという事です。

もちろん、プライベートのお金をどんどん経費で使える!ということではないですよ?それは脱税となってしまいます。

しかし、一件プライベートの費様に見られるお金、生きてく上でのキャッシュアウトの一部も、税法上認められている経費というのは存在しています。

社宅、社用車、保険、交際費 ctc..

税理士大河内薫の税金チャンネルが面白いので参考にしてみてください!

=============

URL

=============

個人事業主と比べて、会社にいくら利益があっても、自身の手取り額は変わらない+会社の経費が使える。この仕組みを上手にコントロールすれば、結果個人事業主と同じ純利益だとしても、減り方が違う!という事ですね。

結局、目指すところの違いだよね

これは私個人の意見ですが、サービス業での個人経営(フリーランス)のMAXは15000万〜2000万ぐらいかな〜と思います。それより規模を大きくしたい!もっとお金を稼ぎたい!のなら法人化一択。このまま自分の時間も大切にして程よく生活したいなら個人経営(フリーランス)。なのかなと思います。

私はもともと税金や会社の仕組みなんて何も知らずに事業を始めたものですから、この仕組みをここ数ヶ月で勉強して、規模を大きくするには法人化するしかないと決断した次第です。

一人はみんなの為に、みんなは一人の為に。

以上!ありがとうございました!

柴田 翔太郎

柴田 翔太郎

私は電通テックという電通グループの会社でWEBディレクターとして勤めており、2018年に独立致しました。 現在はフリーランスのクリエイターや専門職の人々をヘッドハンティングし集結させ、プロフェッショナルクリエイター集団の代表として活動しております。 テーマは、
『 イマドキデザイン(+α) × ハイスピード × フリーランスが集まった結成チーム 』
です!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP