俺がバカでもわかるようにSEOを教えよう

WEBデザイン

ビジネスを始めようとしている、もしくは既に始めてる!そんなみなさん、SEOって言葉を一度は聞いたことありますよね?

SEOとは、検索エンジン(Google/Yahoo!)→検索結果(検索ランキング)に自分のサイトを上位に表示させること!

要は、あなたのHPをインターネットで上位に表示させる対策のことをいいます。えーえーえーえー。

ちなみに補足ですが、検索エンジンのシェア率は Google67% Yahoo28% → 98%しめており、Yahoo!はGoogleと同じアルゴリズムですので、もう、ほぼほぼGoogleだけ対策していればOK!ということです。

速報NEWS!2020年に大きく変わったSEO

いきなりですが、ここ近辺でSEOのアルゴリズムが激変しました!簡易的に下記に箇条書きでまとめます!※まだSEOってなにかいまいちピンときてない人は一旦ここはスルーしちゃっていいです!次のタイトルへGO!!

  1. コンテンツの品質に対してこれまでに無いディープなチェックをするようになった
  2. 専門性の低い著者または運営者が制作したコンテンツがあるページの検索順位は下げる
  3. コンテンツ以外にもWebデザインなどページの見やすさ、使いやすさもサイトの品質の一部として重要視するようになった
  4. 年々レベルアップしている他者のサイトと比べて相対的に上位表示する価値のあるサイトであるかを判断するようになった

ひと昔前はキーワード設定、メタダク設定、非リンク対策等のWEBの知識があればHPを上位にあげられる時代でしたが、近年どんどんGoogleが進化し、コンテンツの情報の信憑性やデザインの使用感等が重要視されるようになったので、簡単にいうと、裏(HTML)のクオリティーより、表(デザイン&ライティング)のクオリティーの方が重要視されるようになり、よりユーザーの満足感を意識する事がミソになってきました。

ちなみに、既存のサイトの検索順位が下がった!?そんな方は下記項目を確認して見てください!今必要なコアアップデート復旧対策は・・・

  • (1)クエリとコンテンツの関連性を高めること
  • (2)コンテンツの品質を高めること
  • (3)専門性の高い著者がコンテンツを執筆すること
  • (4)サイトのユーザビリティーを高めること
  • (5)競合他社よりも価値のあるコンテンツを提供すること

さて、、SEO改善については積もる話も多くなりそうなので、もっと詳しくSEOの改善について教えて欲しい!という方は是非お問い合わせください♩私があなたのHPを改善させて頂きます^^

https://laugh-mind.co.jp/contact.html

それでは本題↓↓↓↓↓↓↓↓

SEOとは?

まず、SEOとは大きく分けて、こんな分け方ができます。

コンテンツ対策(5)と内部SEO (3)と外部SEO (2)の3種類

(5:3:2の法則に沿って優先する)

それでは噛み砕いていきましょう!

1.  コンテンツの中身!独自性を考える

コンテンツ、、はい、コンテンツとは会社の商材だったり、企画だったりHP(ホームページ)で伝えたい情報ってことですよね。この情報をどうユーザーに伝えるかが重要ということです。え?そんなの当たり前な事?そうなんです。SEOとは難しい横文字でただ無知な方を脅しているだけで、近年のSEO対策は、しっかり自分の伝えたいことを上手く伝えるだけでいいんです!抑えるポイントは下記2点!

ポイント

  1. 情報としての独自性
  2. 情報の切り口(見せ方)としての独自性

他社との比較、自社のブランディングが重要ということですね。ん〜どのように考えていこう。。逃げてはいけません、下記項目に注力して、まずは他社をマーケティングしてみましょう。

  • タイトル・構成を抜き出す
  • 文字数の調査
  • その記事ならではの情報

ライバルサイトの調査方法は1位〜3位を調査することが重要です!是非一度ライバルの偵察をしてみましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

例『店舗集客』と検索..

タイトル:店舗集客のための手法10選!今すぐ実践できる無料施策も開設

構成:

  1. Googleマイビジネスへの登録
  2. 複数の店舗の情報をまとめて確認できる
  3. コミュニケーションを取れる『LINE@』
  4. 予約や電話などのアクションを促せる

… 文字数:8321数

↑この記事ならではの情報をあげてみると。。

  • 店舗が活用できる集客方法を4つ掲載
  • それぞれのメリットデメリットを紹介
  • 活用事例を紹介

どのような情報が含まれているのか?を探った後に、

どの情報が含まれていないのか?を考える

  • 簡易性(簡単に導入できる)
  • 即時生(今すぐ購入できる)
  • 即効性(すぐに成果を体感できる)
  • 費用感(安く導入できる)
  • 安定性(安全に導入できる)
  • 信頼性(多くのユーザが使っていて安心できる)
  • 持続性(費用をかけ続けなくても成果が現れる)
  • 自分だからこそ発信できること

2.  内部SEOとは?

こちらも全然難しいことは考えなくてOK!自分がもしユーザーだったら、どういうHP(ホームページ)だと気持ちよく閲覧できますか?こちらも大きく分けて2つ!

ユーザビリティの対策『ユーザの使いやすさ』を考えてみましょう。

  • サイトスピード(5秒で人は離れる)
  • ディレクトリ構造(3クリックが理想)
  • 内部リンク(関連記事への誘導)

ユーザーが知りたい情報へいち早く案内することが重要です!是非意識してみてください。

→クローラビリティの対策『Googleの認識しやすさ』を考えてみましょう。

  • サイトマップ(フロアマップ)
  • 適切なタグの設置(ソースコード)
  • モバイルフレンドリー(スマホが7割!)

Googleは人間が管理しているのではなく、クローラーというロボットがうろちょろうろちょろして本棚を整理しています。これは一体どんな本なのか?をGoogleのロボットさんに説明してあげる必要があります!

3.  外部SEOとは?

WEBサイトには知名度というのが存在します。

しかし、クローム(Googleのロボット)は自己判断ができないので、人からのシェア、知名度高い人からの発言、被リンクや、ユーザー評価(サイトパワー)で判断してきます。(あせあせ)

被リンクにも質が存在する

  • 被リンクの数
  • 被リンクの質(情報の類似度やサイトパワー)

意図的な被リンク獲得施策はペナルティ対象になるので、自作自演は避けましょう。良質な被リンクを獲得するには、アフィリエイトを運用したり、同業者から評価してもらいしたりすると、信頼され、成長していきます!具体的にはこんな感じでしょうか?

  • 良質なコンテンツの制作
  • SNSで拡散を行う(※SNS被リンク対象外)
  • 他サイトの運営者に発リンクのメールしてみる(上手く関係が作れるかも)

さて、如何でしたでしょうか?少しはSEOについてお分かりいただけましたでしょうか?そもそもWEBサイトの仕組みからお伝えするのが先だったかもしれませんね。。

柴田 翔太郎

柴田 翔太郎

私は電通テックという電通グループの会社でWEBディレクターとして勤めており、2018年に独立致しました。 現在はフリーランスのクリエイターや専門職の人々をヘッドハンティングし集結させ、プロフェッショナルクリエイター集団の代表として活動しております。 テーマは、
『 イマドキデザイン(+α) × ハイスピード × フリーランスが集まった結成チーム 』
です!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP